M[エム]
 登録ユーザ:6773名
 TOTAL:
よくある質問
サイトマップ
お問い合わせ
このページを共有する
ログイン


IDとパスワードを記憶


最新ブログエントリ
ランキングサイト


オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが アカデミー賞 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...

アカデミー賞の歴史・・・それは1927年5月11日、ロサンジェルスのビルトモア・ホテルの大広間で始まった。
この長く刻まれたアカデミー賞の歴史をここで紹介しています。紹介内容は、第1回アカデミー賞から第81回アカデミ
ー賞の主要部門全記録!!どうぞご覧あれ!!
none
none
第1回アカデミー賞〜第15回アカデミー賞
「第1回アカデミー賞」(1927年〜28年)
作品賞「つばさ」
監督賞フランク・ポーゼイジ(「第七天国」)
主演男優賞エミール・ヤニングス(「肉体の道・最後の命令」)
主演女優賞ジャネット・ゲイナー(「第七天国」「街の天使」「サンライズ」)
脚色賞ベンジャミン・グレイザー(「第七天国」)

「第2回アカデミー賞」(1928年〜29年)
作品賞「ブロードウェイ・メロディ」
監督賞フランク・ロイド(「情炎の美姫」)
主演男優賞ワーナー・バクスター(「懐しのアリゾナ」)
主演女優賞メアリー・ピックフォード(「コケット」)
脚色賞ハンス・クレイリー(The Patriot)

「第3回アカデミー賞」(1929年〜30年)
作品賞「西部戦線異状なし」
監督賞ルイス・マイルストン(「西部戦線異状なし」)
主演男優賞ジョージ・アーリス(「Disraeli」)
主演女優賞ノーマ・シアラー(「結婚双紙」)
脚色賞フランセス・マリオン(「ビッグ・ハウス」)

「第4回アカデミー賞」(1930年〜31年)
作品賞「シマロン」
監督賞ノーマン・タウログ(「スキピイ」)
主演男優賞ライオネル・バリモア(「自由の魂」)
主演女優賞マリー・ドレスラー(「惨劇の波止場」)
脚色賞ハワード・エスタブルック(「シマロン」)

「第5回アカデミー賞」(1931年〜32年)
作品賞「グランド・ホテル」
監督賞フランク・ボーゼイジ(「バッド・ガール」)
主演男優賞ウォーレス・ビアリー(「チャンプ」)、フレドリック・マーチ(「ジキル博士とハイド氏」)
主演女優賞ヘレン・ヘイズ(「マデロンの悲劇」)
脚色賞エドウィン・バーク(「バッド・ガール」)

「第6回アカデミー賞」(1932年〜33年)
作品賞「カヴァルケード」
監督賞フランク・ロイド(「カヴァルケード」)
主演男優賞チャールズ・ロートン(「ヘンリー八世の私生活」)
主演女優賞キャサリン・ヘップバーン(「勝利の朝」)
脚色賞セーラ・Y・メイスン、ビクター・ヒーアマン(「若草物語」)

「第7回アカデミー賞」(1934年度)
作品賞「或る夜の出来事」
監督賞フランク・キャプラ(「或る夜の出来事」)
主演男優賞クラーク・ゲーブル(「或る夜の出来事」)
主演女優賞クローデット・コルベール(「或る夜の出来事」)
脚色賞ロバート・リスキン(「或る夜の出来事」)

「第8回アカデミー賞」(1935年度)
作品賞「南海征服」(「戦艦バウンティ号の叛乱」)
監督賞ジョン・フォード(「男の敵」)
主演男優賞ビクター・マクラグレン(「男の敵」)
主演女優賞ベティ・デイビス(「青春の抗議」)
脚色賞ダドリー・ニコルズ(「男の敵」)

「第9回アカデミー賞」(1936年度)
作品賞「巨星ジーグフェルド」
監督賞フランク・キャプラ(「オペラ・ハット」)
主演男優賞ポール・ムニ(「科学者の道」)
主演女優賞ルイーズ・ライナー(「巨星ジーグフェルド」)
助演男優賞ウォルター・ブレナン(「大自然の凱旋」)
助演女優賞ゲイル・ソンダーガード(「風雲児アドヴァーズ」)
脚色賞ピエール・コリングス、シェリンダ・ギブニー(「科学者の道」)

「第10回アカデミー賞」(1937年度)
作品賞「ゾラの生涯」
監督賞レオ・マッケリー(「新婚道中記」)
主演男優賞スペンサー・トレーシー(「我は海の子」)
主演女優賞ルイーズ・ライナー(「大地」)
助演男優賞ジョセフ・シュルドクラウト(「ゾラの生涯」)
助演女優賞アリス・ブラディ(「シカゴ」)
脚色賞ハインツ・ヘラルド、ゲイザ・ヘルツォーク、ノーマン・ライリー・レーン(ゾラの生涯)

「第11回アカデミー賞」(1938年度)
作品賞「我が家の楽園」
監督賞フランク・キャプラ(「我が家の楽園」)
主演男優賞スペンサー・トレーシー(「少年の町」)
主演女優賞ベティ・デイビス(「黒蘭の女」)
助演男優賞ウォルター・ブレナン(「Kentucky」)
助演女優賞フェイ・ベインター(「黒蘭の女」)
脚色賞ジョージ・バーナード・ショウ、イアン・ダルリンプル、セシル・ルイス
W・P・リプスカム(「ピグマリオン」)

「第12回アカデミー賞」(1939年度)
作品賞「風と共に去りぬ」
監督賞ビクター・フレミング(「風と共に去りぬ」)
主演男優賞ロバート・ドーナット(「チップス先生さようなら」)
主演女優賞ビビアン・リー(「風と共に去りぬ」)
助演男優賞トーマス・ミッチェル(「駅馬車」)
助演女優賞ハティ・マクダニエル(「風と共に去りぬ」)
脚色賞シドニー・ハワード(「風と共に去りぬ」)

「第13回アカデミー賞」(1940年度)
作品賞「レベッカ」
監督賞ジョン・フォード(「怒りの」)
主演男優賞ジェームズ・スチュワート(「フィラデルフィア物語」)
主演女優賞ジンジャー・ロジャース(「恋愛手帖」)
助演男優賞ウォルター・ブレナン(「西部の男」)
助演女優賞ジェーン・ダーウェル(「怒りの」)
オリジナル脚本賞プレストン・スタージェス(「偉大なるマッギンティ」)
脚色賞ドナルド・オグデン・スチュワート(「フィラデルフィア物語」)

「第14回アカデミー賞」(1941年度)
作品賞「わが谷は緑なりき」
監督賞ジョン・フォード(「わが谷は緑なりき」)
主演男優賞ゲーリー・クーパー(「ヨーク軍曹」)
主演女優賞ジョーン・フォンテーン(「断崖」)
助演男優賞ドナルド・クリスプ(「わが谷は緑なりき」)
助演女優賞メアリー・アスター(「偉大な嘘」)
オリジナル脚本賞ハーマン・J・マンキーウィッツ、オーソン・ウェルズ(「市民ケーン」)
脚色賞シドニー・ブックマン、シートン・I・ミラー(「幽霊紐育を歩く」)

「第15回アカデミー賞」(1942年度)
作品賞「ミニヴァー夫人」
監督賞ウィリアム・ワイラー(「ミニヴァー夫人」)
主演男優賞ジェームズ・キャグニー(「ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ」)
主演女優賞グリア・ガースン(「ミニヴァー夫人」)
助演男優賞バン・ヘフリン(「Johnny Eager」)
助演女優賞テレサ・ライト(「ミニヴァー夫人」)
オリジナル脚本賞マイケル・ケニン、リング・ラードーナー・ジュニア(「女性No1」)
脚色賞ジョージ・フローシェル、ジェームズ・ヒルトン、クローディン・ウエスト、アーサー・ウィンペリス(「ミニヴァー夫人」)
プリンタ出力用画面 友達に伝える
コンテンツのトップ 次のページ
アカデミー賞 第16回〜30回