M[エム]
 登録ユーザ:6773名
 TOTAL:
よくある質問
サイトマップ
お問い合わせ
このページを共有する
ログイン


IDとパスワードを記憶


最新ブログエントリ
ランキングサイト


オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが アカデミー賞 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...

アカデミー賞の歴史・・・それは1927年5月11日、ロサンジェルスのビルトモア・ホテルの大広間で始まった。
この長く刻まれたアカデミー賞の歴史をここで紹介しています。紹介内容は、第1回アカデミー賞から第81回アカデミ
ー賞の主要部門全記録!!どうぞご覧あれ!!
none
none
第31回アカデミー賞〜第45回アカデミー賞

「第31回アカデミー賞」(1958年度)
作品賞「恋の手ほどき」
監督賞ビンセント・ミネリ(「恋の手ほどき」)
主演男優賞デビッド・ニーブン(「旅路」)
主演女優賞スーザン・ヘイワード(「私は死にたくない」)
助演男優賞バール・アイブス(「大いなる西部」)
助演女優賞ウェンディ・ヒラー(「旅路」)
オリジナル脚本賞ネイザン・E・ダグラス、ハロルド・ジェイコブ・スミス(「手錠のままの脱獄」)
脚色賞アラン・ジェイ・ラーナー(「恋の手ほどき」)
外国語映画賞「僕の伯父さん」(フランス)

「第32回アカデミー賞」(1959年度)
作品賞「ベン・ハー」
監督賞ウィリアム・ワイラー(「ベン・ハー」)
主演男優賞チャールトン・ヘストン(「ベン・ハー」)
主演女優賞シモーヌ・シニョレ(「年上の女」)
助演男優賞ヒュー・グリフィス(「ベン・ハー」)
助演女優賞シェリー・ウィンタース(「アンネの日記」)
オリジナル脚本賞ラッセル・ラウズ、クラレンス・グリーン、スタンリー・シャピロ、モーリス・リッチリン(「夜を楽しく」)
脚色賞ニール・パターソン(「年上の女」)
外国語映画賞「黒いオルフェ」(フランス)

「第33回アカデミー賞」(1960年度)
作品賞「アパートの鍵貸します」
監督賞ビリー・ワイルダー(「アパートの鍵貸します」)
主演男優賞バート・ランカスター(「エルマー・ガントリー/魅せられた男」)
主演女優賞エリザベス・テイラー(「バターフィールド8」)
助演男優賞ピーター・ユスチノフ(「スパルタカス」)
助演女優賞シャーリー・ジョーンズ(「エルマー・ガントリー/魅せられた男」)
オリジナル脚本賞ビリー・ワイルダー、I・A・L・ダイアモンド(「アパートの鍵貸します」)
脚色賞リチャード・ブルックス(「エルマー・ガントリー/魅せられた男」)
外国語映画賞「処女の泉」(スウェーデン)

「第34回アカデミー賞」(1961年度)
作品賞「ウエスト・サイド物語」
監督賞ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス(「ウエスト・サイド物語」)
主演男優賞マクシミリアン・シェル(「ニュールンベルグ裁判」)
主演女優賞ソフィア・ローレン(「ふたりの女」)
助演男優賞ジョージ・チャキリス(「ウエスト・サイド物語」)
助演女優賞リタ・モレノ(「ウエスト・サイド物語」)
オリジナル脚本賞ウィリアム・インジ(「草原の輝き」)
脚色賞アビー・マン(「ニュールンベルグ裁判」)
外国語映画賞「鏡の中にある如く」(スウェーデン)

「第35回アカデミー賞」(1962年度)
作品賞「アラビアのロレンス」
監督賞デビッド・リーン(「アラビアのロレンス」)
主演男優賞グレゴリー・ペック(「アラバマ物語」)
主演女優賞アン・バンクロフト(「奇跡の人」)
助演男優賞エド・ベクリー(「渇いた太陽」)
助演女優賞パティ・デューク(「奇跡の人」)
オリジナル脚本賞エンニオ・コンチーニ、アルフレード・ジャンネッティ、ピエトロ・ジェルミ(「イタリア式離婚狂想曲」)
脚色賞ホートン・フート(「アラバマ物語」)
外国語映画賞「シベールの日曜日」(フランス)

「第36回アカデミー賞」(1963年度)
作品賞「トム・ジョーンズの華麗な冒険」
監督賞トニー・リチャードソン(「トム・ジョーンズの華麗な冒険」)
主演男優賞シドニー・ポワチエ(「野のユリ」)
主演女優賞パトリシア・ニール(「ハッド」)
助演男優賞メルビン・ダグラス(「ハッド」)
助演女優賞マーガレット・ラザフォード(「予期せぬ出来事」)
オリジナル脚本賞ジェームズ・R・ウエップ(「西部開拓史」)
脚色賞ジョン・オズボーン(「トム・ジョーンズの華麗な冒険」)
外国語映画賞「8 1/2」(イタリア)

「第37回アカデミー賞」(1964年度)
作品賞「マイ・フェア・レディ」
監督賞ジョージ・キューカー(「マイ・フェア・レディ」)
主演男優賞レックス・ハリソン(「マイ・フェア・レディ」)
主演女優賞ジュリー・アンドリュース(「メリー・ポピンズ」)
助演男優賞ピーター・ユスチノフ(「トプカピ」)
助演女優賞リラ・ケドロバ(「その男ゾルバ」)
オリジナル脚本賞S・H・バーネット、ピーター・ストーン、フランク・ターロフ(「がちょうのおやじ」)
脚色賞エドワード・アーンハルト(「ベケット」)
外国語映画賞「昨日・今日・明日」(イタリア)

「第38回アカデミー賞」(1965年度)
作品賞「サウンド・オブ・ミュージック」
監督賞ロバート・ワイズ(「サウンド・オブ・ミュージック」)
主演男優賞リー・マービン(「キャット・バルー」)
主演女優賞ジュリー・クリスティ(「ダーリング」)
助演男優賞マーチン・バルサム(「裏街・太陽の天使」)
助演女優賞シェリー・ウィンタース(「いつか見た青い空」)
オリジナル脚本賞フレデリック・ラファエル(「ダーリング」)
脚色賞ロバート・ボルト(「ドクトル・ジバゴ」)
外国語映画賞「The Shop on Main Street」(チェコスロバキア)

「第39回アカデミー賞」(1966年度)
作品賞「わが命つきるとも」
監督賞フレッド・ジンネマン(「わが命つきるとも」)
主演男優賞ポール・スコフィールド(「わが命つきるとも」)
主演女優賞エリザベス・テイラー(「バージニア・ウルフなんかこわくない」)
助演男優賞ウォルター・マッソー(「恋人よ帰れ!わが胸に」)
助演女優賞サンディ・デニス(「バージニア・ウルフなんかこわくない」)
オリジナル脚本賞クロード・ルルーシュ、ピエール・ユテローバン(「男と女」)
脚色賞ロバート・ボルト(「わが命つきるとも」)
外国語映画賞「男と女」(フランス)

「第40回アカデミー賞」(1967年度)
作品賞「夜の大捜査線」
監督賞マイク・ニコルズ(「卒業」)
主演男優賞ロッド・スタイガー(「夜の大捜査線」)
主演女優賞キャサリン・ヘップバーン(「招かれざる客」)
助演男優賞ジョージ・ケネディ(「暴力脱獄」)
助演女優賞エステル・パーソンズ(「俺たちに明日はない」)
オリジナル脚本賞ウィリアム・ローズ(「招かれざる客」)
脚色賞スターリング・シリファント(「夜の大捜査線」)
外国語映画賞「Closely Watched Trains」(チェコスロバキア)

「第41回アカデミー賞」(1968年度)
作品賞「オリバー!」
監督賞キャロル・リード(「オリバー!」)
主演男優賞クリフ・ロバートソン(「まごころを君に」)
主演女優賞キャサリン・ヘップバーン(「冬のライオン」)、バーブラ・ストライサンド(「ファニー・ガール」)
助演男優賞ジャック・アルバートソン(「The Subject Was Roses」)
助演女優賞ルース・ゴードン(「ローズマリーの赤ちゃん」)
オリジナル脚本賞メル・ブルックス(「プロデューサーズ」)
脚色賞ジェームズ・ゴールドマン(「冬のライオン」)
外国語映画賞「戦争と平和」(ソ連)

「第42回アカデミー賞」(1969年度)
作品賞「真夜中のカーボーイ」
監督賞ジョン・シュレシンジャー(「真夜中のカーボーイ」)
主演男優賞ジョン・ウェイン(「勇気ある追跡」)
主演女優賞マギー・スミス(「ミス・ブロディの青春」)
助演男優賞ギグ・ヤング(「ひとりぼっちの青春」)
助演女優賞ゴールディ・ホーン(「サボテンの花」)
オリジナル脚本賞ウィリアム・ゴールドマン(「明日に向って撃て!」)
脚色賞ウォルドー・ソルト(「真夜中のカーボーイ」)
外国語映画賞「Z」(アルジェリア)

「第43回アカデミー賞」(1970年度)
作品賞「パットン大戦車軍団」
監督賞フランクリン・J・シャフナー(「パットン大戦車軍団」)
主演男優賞ジョージ・C・スコット(「パットン大戦車軍団」)
主演女優賞グレンダ・ジャクソン(「恋する女たち」)
助演男優賞ジョン・ミルズ(「ライアンの娘」)
助演女優賞ヘレン・ヘイズ(「大空港」)
オリジナル脚本賞フランシス・フォード・コッポラ、エドマンド・H・ノース(「パットン大戦車軍団」)
脚色賞リング・ラードナー・ジュニア(「M★A★S★H」)
外国語映画賞「殺人捜査」(イタリア)

「第44回アカデミー賞」(1971年度)
作品賞「フレンチ・コネクション」
監督賞ウィリアム・フリードキン(「フレンチ・コネクション」)
主演男優賞ジーン・ハックマン(「フレンチ・コネクション」)
主演女優賞ジェーン・フォンダ(「コールガール」)
助演男優賞ベン・ジョンソン(「ラスト・ショー」)
助演女優賞クロリス・リーチマン(「ラスト・ショー」)
オリジナル脚本賞パディ・チャイエフスキー(「ホスピタル」)
脚色賞アーネスト・タイディマン(「フレンチ・コネクション」)
外国語映画賞「悲しみの青春」(イタリア)

「第45回アカデミー賞」(1972年度)
作品賞「ゴッドファーザー」
監督賞ボブ・フォッシー(「キャバレー」)
主演男優賞マーロン・ブランド(「ゴッドファーザー」)
主演女優賞ライザ・ミネリ(「キャバレー」)
助演男優賞ジョエル・グレイ(「キャバレー」)
助演女優賞アイリーン・ヘッカート(「バタフライはフリー」)
オリジナル脚本賞ジェレミー・ラーナー(「候補者ビル・マッケイ」)
脚色賞マリオ・プーゾ、フランシス・フォード・コッポラ(「ゴッドファーザー」)
外国語映画賞「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」(フランス)
プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
アカデミー賞 第16回〜30回
コンテンツのトップ 次のページ
アカデミー賞 第46回〜60回