M[エム]
 登録ユーザ:6773名
 TOTAL:
よくある質問
サイトマップ
お問い合わせ
このページを共有する
ログイン


IDとパスワードを記憶


最新ブログエントリ
ランキングサイト


オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが アカデミー賞 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...

アカデミー賞の歴史・・・それは1927年5月11日、ロサンジェルスのビルトモア・ホテルの大広間で始まった。
この長く刻まれたアカデミー賞の歴史をここで紹介しています。紹介内容は、第1回アカデミー賞から第81回アカデミ
ー賞の主要部門全記録!!どうぞご覧あれ!!
none
none
第61回アカデミー賞〜第75回アカデミー賞

「第61回アカデミー賞」(1988年度)
作品賞「レインマン」
監督賞バリー・レビンソン(「レインマン」)
主演男優賞ダスティン・ホフマン(「レインマン」)
主演女優賞ジョディ・フォスター(「告発の行方」)
助演男優賞ケビン・クライン(「ワンダとダイヤと優しい奴ら」)
助演女優賞ジーナ・デイビス(「偶然の旅行者」)
オリジナル脚本賞ロナルド・バス、バリー・モロー(「レインマン」)
脚色賞クリストファー・ハンプトン(「危険な関係」)
外国語映画賞「ペレ」(デンマーク)

「第62回アカデミー賞」(1989年度)
作品賞「ドライビング・ミス・デイジー」
監督賞オリバー・ストーン(「7月4日に生まれて」)
主演男優賞ダニエル・デイ=ルイス(「マイ・レフトフット」)
主演女優賞ジェシカ・タンディ(「ドライビング・ミス・デイジー」)
助演男優賞デンゼル・ワシントン(「グローリー」)
助演女優賞ブレンダ・フリッカー(「マイ・レフトフット」)
オリジナル脚本賞トム・シュルマン(「いまを生きる」)
脚色賞アルフレッド・ウーリー(「ドライビング・ミス・デイジー」)
外国語映画賞「ニュー・シネマ・パラダイス」(イタリア)

「第63回アカデミー賞」(1990年度)
作品賞「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
監督賞ケビン・コスナー(「ダンス・ウィズ・ウルブズ」)
主演男優賞ジェレミー・アイアンズ(「運命の逆転」)
主演女優賞キャシー・ベイツ(「ミザリー」)
助演男優賞ジョー・ペシ(「グッドフェローズ」)
助演女優賞ウーピー・ゴールドバーグ(「ゴースト/ニューヨークの幻」)
オリジナル脚本賞ブルース・ジョエル・ルービン(「ゴースト/ニューヨークの幻」)
脚色賞マイケル・ブレイク(「ダンス・ウィズ・ウルブズ」)
外国語映画賞「ジャーニー・オブ・ホープ」(スイス)

「第64回アカデミー賞」(1991年度)
作品賞「羊たちの沈黙」
監督賞ジョナサン・デミ(「羊たちの沈黙」)
主演男優賞アンソニー・ホプキンス(「羊たちの沈黙」)
主演女優賞ジョディ・フォスター(「羊たちの沈黙」)
助演男優賞ジャック・パランス(「シティ・スリッカーズ」)
助演女優賞マーセデス・ルール(「フィッシャー・キング」)
オリジナル脚本賞カーリー・クォーリー(「テルマ&ルイーズ」)
脚色賞テッド・タリー(「羊たちの沈黙」)
外国語映画賞「エーゲ海の天使」(イタリア)

「第65回アカデミー賞」(1992年度)
作品賞「許されざる者」
監督賞クリント・イーストウッド(「許されざる者」)
主演男優賞アル・パチーノ(「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」)
主演女優賞エマ・トンプソン(「ハワーズ・エンド」)
助演男優賞ジーン・ハックマン(「許されざる者」)
助演女優賞マリサ・トメイ(「いとこのビニー」)
オリジナル脚本賞ニール・ジョーダン(「クライング・ゲーム」)
脚色賞ルース・プローワー・ジャブバーラ(「ハワーズ・エンド」)
外国語映画賞「インドシナ」(フランス)

「第66回アカデミー賞」(1993年度)
作品賞「シンドラーのリスト」
監督賞スティーブン・スピルバーグ(「シンドラーのリスト」)
主演男優賞トム・ハンクス(「フィラデルフィア」)
主演女優賞ホリー・ハンター(「ピアノ・レッスン」)
助演男優賞トミー・リー・ジョーンズ(「逃亡者」)
助演女優賞アンナ・パキン(「ピアノ・レッスン」)
オリジナル脚本賞ジェーン・カンピオン(「ピアノ・レッスン」)
脚色賞スティーブン・ザイリアン(「シンドラーのリスト」)
外国語映画賞「ベル・エポック」(スペイン)

「第67回アカデミー賞」(1994年度)
作品賞「フォレスト・ガンプ/一期一会」
監督賞ロバート・ゼメキス(「フォレスト・ガンプ/一期一会」)
主演男優賞トム・ハンクス(「フォレスト・ガンプ/一期一会」)
主演女優賞ジェシカ・ラング(「ブルースカイ」)
助演男優賞マーチン・ランドー(「エド・ウッド」)
助演女優賞ダイアン・ウィースト(「ブロードウェイと銃弾」)
オリジナル脚本賞クエンティン・タランティーノ、ロジャー・エイバリー(「パルプ・フィクション」)
脚色賞エリック・ロス(「フォレスト・ガンプ/一期一会」)
外国語映画賞「太陽に灼かれて」(ロシア)

「第68回アカデミー賞」(1995年度)
作品賞「ブレイブハート」
監督賞メル・ギブソン(「ブレイブハート」)
主演男優賞ニコラス・ケイジ(「リービング・ラスベガス」)
主演女優賞スーザン・サランドン(「デッドマン・ウォーキング」)
助演男優賞ケビン・スペイシー(「ユージュアル・サスペクツ」)
助演女優賞ミラ・ソルビノ(「誘惑のアフロディーテ」)
オリジナル脚本賞クリストファー・マックァリー(「ユージュアル・サスペクツ」)
脚色賞エマ・トンプソン(「いつか晴れた日に」)
外国語映画賞「アントニア」(オランダ)

「第69回アカデミー賞」(1996年度)
作品賞「イングリッシュ・ペイシェント」
監督賞アンソニー・ミンゲラ(「イングリッシュ・ペイシェント」)
主演男優賞ジェフリー・ラッシュ(「シャイン」)
主演女優賞フランシス・マクドーマンド(「ファーゴ」)
助演男優賞キューバ・グッディング・ジュニア(「ザ・エージェント」)
助演女優賞ジュリエット・ビノシュ(「イングリッシュ・ペイシェント」)
オリジナル脚本賞イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン(「ファーゴ」)
脚色賞ビリー・ボブ・ソーントン(「スリング・ブレイド」)
外国語映画賞「コーリャ/愛のプラハ」(チェコ)

「第70回アカデミー賞」(1997年度)
作品賞「タイタニック」
監督賞ジェームズ・キャメロン(「タイタニック」)
主演男優賞ジャック・ニコルソン(「恋愛小説家」)
主演女優賞ヘレン・ハント(「恋愛小説家」)
助演男優賞ロビン・ウィリアムズ(「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」)
助演女優賞キム・ベイシンガー(「L.A.コンフィデンシャル」)
オリジナル脚本賞ベン・アフレック、マット・デイモン(「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」)
脚色賞ブライアン・ヘルゲランド、カーチス・ハンソン(「L.A.コンフィデンシャル」)
外国語映画賞「キャラクター/孤独な人の肖像」(オランダ)

「第71回アカデミー賞」(1998年度)
作品賞「恋におちたシェイクスピア」
監督賞スティーブン・スピルバーグ(「プライベート・ライアン」)
主演男優賞ロベルト・ベニーニ(「ライフ・イズ・ビューティフル」)
主演女優賞グウィネス・パルトロウ(「恋におちたシェイクスピア」)
助演男優賞ジェームズ・コバーン(「白い刻印」)
助演女優賞ジュディ・デンチ(「恋におちたシェイクスピア」)
オリジナル脚本賞マーク・ノーマン、トム・ストッパード(「恋におちたシェイクスピア」)
脚色賞ビリー・コンドン(「ゴッド・アンド・モンスター」)
外国語映画賞「ライフ・イズ・ビューティフル」(イタリア)

「第72回アカデミー賞」(1999年度)
作品賞「アメリカン・ビューティー」
監督賞サム・メンデス(「アメリカン・ビューティー」)
主演男優賞ケビン・スペイシー(「アメリカン・ビューティー」)
主演女優賞ヒラリー・スワンク(「ボーイズ・ドント・クライ」)
助演男優賞マイケル・ケイン(「サイダー・ハウス・ルール」)
助演女優賞アンジェリーナ・ジョリー(「17歳のカルテ」)
オリジナル脚本賞アラン・ボール(「アメリカン・ビューティー」)
脚色賞ジョン・アービング(「サイダー・ハウス・ルール」)
外国語映画賞「オール・アバウト・マイ・マザー」(スペイン)

「第73回アカデミー賞」(2000年度)
作品賞「グラディエーター」
監督賞スティーブン・ソダーバーグ(「トラフィック」)
主演男優賞ラッセル・クロウ(「グラディエーター」)
主演女優賞ジュリア・ロバーツ(「エリン・ブロコビッチ」)
助演男優賞ベニチオ・デル・トロ(「トラフィック」)
助演女優賞マルシア・ゲイ・ハーデン(「Pollock」)
オリジナル脚本賞キャメロン・クロウ(「あの頃ペニー・レインと」)
脚色賞スティーブン・ギャガン(「トラフィック」)
外国語映画賞「グリーン・デスティニー」(台湾)

「第74回アカデミー賞」(2001年度)
作品賞「ビューティフル・マインド」
監督賞ロン・ハワード(「ビューティフル・マインド」)
主演男優賞デンゼル・ワシントン(「トレーニング・デイ」)
主演女優賞ハル・ベリー(「チョコレート」)
助演男優賞ジム・ブロードベント(「アイリス」)
助演女優賞ジェニファー・コネリー(「ビューティフル・マインド」)
オリジナル脚本賞ジュリアン・フェローズ(「ゴスフォード・パーク」)
脚色賞アキバ・ゴールズマン(「ビューティフル・マインド」)
外国語映画賞「ノー・マンズ・ランド」(ボスニア&ヘルツェゴビナ)

「第75回アカデミー賞」(2002年度)
作品賞「シカゴ」
監督賞ロマン・ポランスキー(「戦場のピアニスト」)
主演男優賞エイドリアン・ブロディ(「戦場のピアニスト」)
主演女優賞ニコール・キッドマン(「めぐりあう時間たち」)
助演男優賞クリス・クーパー(「アダプテーション」)
助演女優賞キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(「シカゴ」)
オリジナル脚本賞「トーク・トゥ・ハー」
脚色賞「戦場のピアニスト」
外国語映画賞「名もなきアフリカの地で」
プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
アカデミー賞 第46回〜60回
コンテンツのトップ 次のページ
アカデミー賞 第76回〜77回