M[エム]
 登録ユーザ:6773名
 TOTAL:
よくある質問
サイトマップ
お問い合わせ
このページを共有する
ログイン


IDとパスワードを記憶


最新ブログエントリ
ランキングサイト


オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 女優 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
none
アルバムトップ :  :  ビリー・バーク [Billie Burke]

[<     23  24  25  26  27  28  29     >]

ビリー・バーク [Billie Burke]

ビリー・バーク [Billie Burke]

投稿者MM さんの画像をもっと!   前回更新2007-3-25 23:49
ヒット数2840  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
1885年8月7日、アメリカのワシントンで生まれる。本名はMary William Ethelbelt Appleton Burke。サーカスの有名な道化師バーナムとベイリー夫婦の娘として生まれた。14歳の時イギリスで舞台デビュー、03年「The School Girl」のロンドン公演で大成功をおさめ、07年の「My Wife」でブロードウェイのスターとなった。この赤毛の美しい女性は舞台に続き映画版にも出演し、大きな成功をおさめた。14年には伝説の大プロデューサー、フローレンツ・ジーグフェルドと結婚し一時は引退をしていたが、32年に夫が死去した後、映画界に復帰。映画界入りした15年から数えて80本もの映画に出演した。主な出演作に32年「愛の嗚咽」、「晩餐八時」、37年「Topper」、39年「オズの魔法使」、41年「The Man Who Came to Dinner」、50年「花嫁の父」、そして59年の「The Young Philadelphians」などがある。1970年5月14日、死去。


[001] ■  バファロー大隊(1960) 出演
[002] ■  都会のジャングル(1959) 出演
[003] ■  可愛い配当(1951) 出演
[004] ■  花嫁の父(1950) 出演
[005] ■  ブロードウェイのバークレー夫妻<未>(1949) 出演
[006] ■  追憶の女<未>(1942) 出演
[007] ■  晩餐に来た男<未>(1942) 出演
[008] ■  ダルシー(1940) 出演
[009] ■  永遠に貴方を<未>(1939) 出演
[010] ■  オズの魔法使(1939) 出演
[011] ■  天国漫歩(1937) 出演
[012] ■  花嫁は紅衣装(1937) 出演
[013] ■  海の若人(1937) 出演
[014] ■  クレイグの妻(1936) 出演
[015] ■  生活への道<未>(1935) 出演
[016] ■  或る夜の特ダネ(1935) 出演
[017] ■  結婚十分前(1935) 出演
[018] ■  虚栄の市(1935) 出演
[019] ■  昨日(1933) 出演
[020] ■  晩餐八時(1933) 出演
[021] ■  愛の鳴咽(1932) 出演
[022] ■  グロリア物語(1916) 出演

[<     23  24  25  26  27  28  29     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド