M[エム]
 登録ユーザ:6773名
 TOTAL:
よくある質問
サイトマップ
お問い合わせ
このページを共有する
うぇブログ カレンダー
«  «  2017 6月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
ログイン


IDとパスワードを記憶


最新ブログエントリ
ランキングサイト


オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
トラックバック大募集!!
トラックバック大歓迎!!ご自由にトラックバックしちゃってください。
また当サイトのリンク集でブログサイトの登録を募集しています。もちろん無料です☆
ブログを書いている方は是非この機会に登録してください。多少はアクセスアップに繋がると思います。
リンク集に登録してくださる方はこちらからどうぞ☆
none
ブログ - Mさんのエントリ
 Mさんのエントリ配信

2013/08/30
『マン・オブ・スティール』
カテゴリ: レビュー : 

執筆者: M (10:30 pm)
原題: MAN OF STEEL
製作年度: 2013年
別題: −
製作国・地域: アメリカ
上映時間: 143分
監督:ザック・スナイダー
製作:
チャールズ・ローヴェン
クリストファー・ノーラン
エマ・トーマス
デボラ・スナイダー
製作総指揮:
トーマス・タル
ロイド・フィリップス
ジョン・ピーターズ
キャラクター創造:
ジェリー・シーゲル
ジョー・シャスター
原案:
デヴィッド・S・ゴイヤー
クリストファー・ノーラン
脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影:アミール・モクリ
視覚効果監修:ジョン・“DJ”・デジャルダン
プロダクションデザイン:アレックス・マクダウェル
衣装デザイン:
ジェームズ・アシェソン
マイケル・ウィルキンソン
編集:デヴィッド・ブレナー
音楽:ハンス・ジマー
出演:
ヘンリー・カヴィル クラーク・ケント/カル=エル
エイミー・アダムス ロイス・レイン
マイケル・シャノン ゾッド将軍
ケヴィン・コスナー ジョナサン・ケント
ダイアン・レイン マーサ・ケント
ローレンス・フィッシュバーン ペリー・ホワイト
アンチュ・トラウェ ファオラ=ウル
アイェレット・ゾラー ララ・ロー=ヴァン
クリストファー・メローニ ネイサン・ハーディ大佐
ラッセル・クロウ ジョー=エル
ハリー・J・レニックス
リチャード・シフ
ディラン・スプレイベリー
クーパー・ティンバーライン
リチャード・セトロン
マッケンジー・グレイ
ジュリアン・リッチングス
オススメ度:★★★★★

ストーリー:
クリプトン星で生まれたその赤ん坊は、滅亡を悟った父に最後の希望を託され、地球へと送られた。地球にたどり着いた彼は、ジョナサンとマーサの夫婦に拾われ、クラーク・ケントとして育てられる。次第に超人的な能力に目覚めていく少年時代、養父からはその能力を使うことを固く禁じられていた。周囲との違いに孤独と葛藤を抱えながら青年へと成長したクラークは、やがて自分探しの旅に出て、自らの使命を確信する。そんなある日、クリプトン星の生き残り、ゾッド将軍がクラークの存在に気づき、彼を追って地球へと襲来する。



コメント:
すごいよこれ!めちゃくちゃ面白い!

クリストファー・ノーラン製作、
ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。

なにがすごいって”アクション”の描写が。
こんな映像どこかで見たことあるよな〜と思ってたら、
ピンときたのが「ドラゴンボール」がまさにそれだ。

本作で繰り広げられるアクションは、
まるで悟空とベジータがスーパーサイヤ人になって
手加減なしの死闘を繰り広げているようなのである。

また似ているのは、アクションだけではない。
スーパーマンの人生事態が、悟空の人生と酷似している。
「ドラゴンボール」を全部読んだことがある人なら、
ついつい笑ってしまいそうなストーリー展開なのだが、
そんなストーリーも気にさせないほどの映像技術には本当に驚かされた。
ビルや山だけではなく、地球そのものを破壊してしまいそうなほどの激闘、これは必見である。

ただ決してストーリーがふざけているということではない。
制作にはクリストファー・ノーランが関わっているだけに、
重厚なストーリー展開はもちろん、真のヒーローが抱え込む苦悩を
斬新な映像表現で見事に描き切っている。

まさかここまでしっかりと納得のいく内容が詰め込まれているとは思いもしなかった。
今まで「スーパーマン」を観たことがない人でも十分楽しめる、
最高の娯楽作品として完成度が高い。
過去のスーパーマンという固定観念を全て捨てて、
映画館に足を運ぶといいだろう。
Mさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (1405)
このエントリのトラックバックURL
http://www.m-cinema.info/modules/weblog/weblog-tb.php/315
印刷用ページ 友達に送る