M[エム]

『アイアンマン3』

投稿日時 2013-7-25 21:39:10
執筆者 M
原題: IRON MAN 3
製作年度: 2013年
別題: −
製作国・地域: アメリカ
上映時間: 133分
監督:シェーン・ブラック
製作:ケヴィン・フェイグ
製作総指揮:
ジョン・ファヴロー
ルイス・デスポジート
チャールズ・ニューワース
ヴィクトリア・アロンソ
スティーヴン・ブルサード
アラン・ファイン
スタン・リー
ダン・ミンツ
脚本:
ドリュー・ピアース
シェーン・ブラック
撮影:ジョン・トール
視覚効果監修:クリストファー・タウンゼント
プロダクションデザイン:ビル・ブルゼスキー
衣装デザイン:ルイーズ・フログリー
編集:
ジェフリー・フォード
ピーター・S・エリオット
音楽:ブライアン・タイラー
音楽監修:デイヴ・ジョーダン
出演:
ロバート・ダウニー・Jr トニー・スターク(アイアンマン)
グウィネス・パルトロー ペッパー・ポッツ
ドン・チードル ジェームズ・ローディ(ウォーマシーン)
ガイ・ピアース アルドリッチ・キリアン
レベッカ・ホール マヤ・ハンセン
ステファニー・ショスタク
ジェームズ・バッジ・デール サヴィン
ジョン・ファヴロー ハッピー・ホーガン
ベン・キングズレー マンダリン
ウィリアム・サドラー 大統領
デイル・ディッキー
タイ・シンプキンス
ミゲル・ファーラー 副大統領
ショーン・トーブ
ビル・マー
ジョーン・リヴァーズ
スペンサー・ギャレット
トム・ヴァーチュー
レベッカ・メイダー
スタン・リー
マーク・ラファロ ブルース・バナー
(クレジットなし)
声の出演:ポール・ベタニー J.A.R.V.I.S.(ジャービス)
オススメ度:★★☆☆☆

ストーリー:
“アベンジャーズ”の一員としてヒーローたちと手を組み、人類滅亡の危機を回避したトニー・スターク。だが、この戦いは彼の心に大きな影を落とし、何かに取り憑かれたように新型アイアンマン・スーツの開発に没頭する。そして最新の“マーク42”を完成させるものの、心身共に疲弊していくトニー。一方、巷では凶悪テロリスト“マンダリン”による爆破テロが連続発生していた。また、かつてトニーと対面した科学者キリアンが驚異的発明を手に再び姿を現わす。そんな中、トニーの自宅がマンダリンによって襲撃される事態に。窮地に立たされながらもアイアンマン・スーツを駆使し、冷徹な一味の陰謀を食い止めるべく立ち向かうトニーだが…。

---UnderThisSeparatorIsLatterHalf---

コメント:
期待し過ぎた。
個人的には残念な内容だ。

予告編のキャッチコピーに「さらば――アイアンマン。」とあったが、
これはかなりオーバーに言い過ぎである。

とにかくストーリーが退屈。
突然トニー・スタークの自宅が何者かに襲撃されてしまうという展開だが、
あれだけすごいスーツを開発できる天才発明家が、
単なる攻撃ヘリコプターによってあっけなく自宅を壊滅させられる。

いやいや、そんなスーツ作れるんだったら、もっと自宅を万全なセキュリティに
しておこうよ、とツッコミたくなる。
にしてもあまりにあっさりやられてしまってがっかり。

そして全てを失ったトニー・スタークが
再びアイアンマン・スーツを、一から作り直すという展開に。
これじゃ1作目と展開がほとんど変わらない。
というより、1作目より見どころが減って本当につまらない。

最終決戦で、何十体ものアイアンマン・スーツが登場するが、
ここで出すんかい!とまたまたツッコミたくなる。
最初から出してたら勝ってたんじゃない?

もうホントこの脚本には失望だ。

ヒーロー像に魅力があっても、
やはり脚本が良くなければ面白くない。
アイアンマンはホント好きなシリーズだっただけに、残念で仕方がない。




M[エム]にて更に多くのブログを読むことができます。
http://www.m-cinema.info

このブログのURL
http://www.m-cinema.info/modules/weblog/details.php?blog_id=311